2017年04月11日

小浜公園のさくら

桜のシーズンとはなりましたが、残念ながら私はほとんど出かけるかとは出来ません。
行楽シーズンを迎え私の仕事は猫の手も借りたいほどの忙しさ。
警備員のなり手は無く。どこの警備会社も必死のパッチで仕事をこなしているのです。
そんな時休むなんでことは不可能、今年は桜を見に行くのは出来ないなあ、と・・・諦めの心境。
それでも昨日やっとの思いで何とか故郷小浜の寺で母の法事のお経をもらいました。
とんぼ返りの帰郷ですが寺の近くの公園へ立ち寄ってみました。

aDSCF5837.jpg
小浜公園は名勝「蘇洞門(そとも)」のを模った入口となっています。
嬉しいことに桜は丁度満開の見ごろを迎えていたのです。
亡き母からのプレゼントかもしれませんね。
父母とこの公園へきたことを思い出します。

aDSCF6005.jpg
今の小浜公園は私の思い出の公園とはずいぶん変わってきています。
半世紀以上が立っていれば当然の事ではあるのですが・・・。

aDSCF5954.jpg
小浜公園から標高60mほどの海望山を登ると頂上からの絶景は素晴らしいです。。
展望台から小浜湾を一望するこの景色が子供のころから大好きです。

aDSCF5935.jpg
桜の向うに小浜湾と久須夜ヶ岳を望むことが出来ます。
小浜は漁師町でもあり城下町でもあります。
海のある奈良とも言われ寺社仏閣が多く奈良や京都との結びつきも深いものがあります。
有名な奈良のお水取りは、小浜の神宮寺のお水送りと一体の行事です。
おっといけない、郷土自慢になってしまいました。

どこで見ても桜は桜、ですが誰にとっても郷里の桜は格別です。
皆様も時には郷里の桜を思い出してくださいね。







posted by 花見あんぽん at 21:27| Comment(0) | 春の花

2017年03月28日

奈良下市の広橋梅林

広橋梅林へ着いたのは14時頃。
赤いのぼりが立っているのでこの辺と思いきや駐車場が余り見当たりません。
結構奥まで進みやっと観光駐車場と書いた10数台くらいの駐車場にたどり着きました。
側の細い坂道を登るり、梅の花のトンネルをくぐるように歩きました。
もう花の盛りは峠を越えてはいるがそれでも充分見ごたえがあります。aDSCF5479.jpg
梅の花の向うにみる景色は抜群です。aDSCF5510.jpg
手入れが行き届いた山の斜面は春の若葉で覆われ、その上に咲く淡い色の梅の花、
遠くの山々、下の方には赤い屋根も一役買って見事な競演をなしています。aDSCF5573.jpg
どんよりとした空からは一時雨がパラついてきました。
天気ならばゆっくり観たかったのですが2時間ほど広橋梅林を後にしました。


posted by 花見あんぽん at 16:29| Comment(0) | 春の花

飛鳥、稲渕棚田の菜の花

早朝の仕事を終えて帰宅したのは10時、
11時に家を出発まし。
先日テレビで紹介していた稲渕棚田の菜の花がとても印象深いものがあったからです。
日本の棚田100選にも選ばれているという棚田に咲く菜の花です。
心が惹かれるままに空いた時間を利用して出かけました。
飛鳥の稲渕棚田へ着いたのは14時頃でした。aDSCF5351.jpg
規模的には今一つ、時期が少し早かったのでしょうか。
棚田は付近にたくさんありますから、
他の棚田でもっと咲いていれば感動ものだったのですが・・・。aDSCF5375.jpg
反対側から見た所です。6段の棚田を使っています。
菜の花は小ぶりですが黄色の花が輝くような美しさでした。
posted by 花見あんぽん at 15:39| Comment(0) | 春の花

2017年02月17日

紀州の梅めぐり

早春の一日(2月14日)、春を迎えに和歌山へドライブしました。
この時期のお目当ては勿論、梅の花です。
若干時期が早いのですが、家族そろって休みが取れた日が吉日。

先ず最初は日高郡みなべ町の岩代大梅林。
駐車場付近から見下ろす景色はなかなか壮大なものです。
平原に梅が植えられており、上から見ると梅の盆地です。

aDSCF4706.jpg

全体的にはまだまだ・・・。3分咲きから5分咲きといったところでしょうか。
もう一週間ほどして来れば満開になり、もっと素晴らしい景色が見られたのに・・・。
少々悔しい思いです。

aDSCF4614.jpg

部分的にはほぼ満開の木もありました。
同じ種類の木ばかりです。
梅の実はこの木が一番美味しいのでしょうかね?

aDSCF4600.jpg

岩代大梅林から千里梅林までは車で10分あまり、
ここは観光用ではないので入園禁止です。勿論駐車場もありません。
私は車から降りて暫く歩きました。
道路から見下ろすように景色を楽しむのみです。
車は娘が運転して私の後を追ってくれました。

aDSCF4735.jpg

千里梅林の唯一のスポットはJR紀勢本線の電車とのコラボです。
しかし残念ながら電車とはめぐりあいません・・・。

かなり離れた位置を歩いていた時、電車の音が聞こえました。
10分ほど待っておれば電車と梅のコラボが撮れたのに・・・。
電車の時間までは調べていませんでした。うかつです。
千里梅林は15分ほどで退散です。

aDSCF4716.jpg

南部梅林は千里梅林から約7km、車で13分ほどでした、
近づくにつれ、すごいことに???
走る車窓からの眺めはもう梅、梅、梅・・・。
前後左右、梅の花に埋もれて走っているようです。
ここはまさに日本一の梅の郷と言っても過言ではないでしょう。

駐車場へ車を停めて梅林公園入りました。
駐車場は500円、入園料は一人300円でした。
駐車場から山の方に歩きます。
そこそこの坂道なので足の弱い人には一寸つらいかもです。
しかし山の上からの景色は抜群です。
梅の向うに紀伊水道が輝いています。

aDSCF4852.jpg

中腹にある南部梅林梅公園に到着しました。
ピンクの梅は存在感がありますね。

ここには映っていませんが、どこかのテレビ局も撮影に来ていました。

aDSCF4853.jpg

更に上の方に登りましたが上の方はまだまだ蕾が多いですね。
あと10日もすれば満開になるでしょう。
しかし、景色もよいし雰囲気は最高です。

aDSCF4964.jpg

田辺梅林はかなり山の中です。というより山の上ですね。
南部梅林からは20km、車で40分ほどかかりました。
途中のトンネルが工事中で回り道を強いられたという誤算があったので・・・、
本来はもう少し短縮できたのでしょうが。

aDSCF5102.jpg

田辺梅林はこの時は残念ながら梅はまだまだ、蕾ばかりでした。
上の方にピンクに輝いている一部分を見つけ、
歩いてそこまで登っていきました。
たどり着いた小さな広場だけは十数本の梅がピンクや白の花を咲かせていました。
梅の花越しに見る景色は最高です。
遠く紀伊水道まで見晴らせます。

aDSCF5134.jpg

山肌はほとんど梅の木ばかりです。
これらの木がすべて開花すれば・・・、
山が満開の梅で満たされれば・・・
しばし目を閉じて想像する光景を心の中に描きます。

まさに、ここ田辺梅林は「天空の梅苑」です。
天空の梅苑に両手を広げて「春を迎にきたよ・・・」と、心で叫びました。

岩代大梅林から田辺梅林まで4カ所を巡って車で約35kmの走行
観賞時間、移動時間をすべて含めて5時間ほどでした。
岩代大梅林へ到着してから田辺梅林を後にした迄の時間と距離です。

余談ですが、岩代梅林の入園券を提示すると半額になる温泉があると聞きました。
鶴の湯温泉とみなべ温泉です。
鶴の湯温泉は少し山の中へ入るため時間がかかりそうなので
私達はみなべ温泉に浸かって帰りました。
みなべ温泉は海辺の景色の良い位置に建つ国民宿舎「紀州路」にあります。
600円のところ、300円で入浴できました。
肌がすべすべになるよいお湯でしたよ。

今日も最高やったね。
ありがとう。











posted by 花見あんぽん at 10:41| Comment(0) | 春の花

2016年04月15日

たんとうチューリップまつりを訪ねて

aDSCF3141.jpg

たんとうチューリップまつりへ・・・。
マスコミで華やかに報じられているたんとうチューリップまつりへ
行ってきました。
正直ここへ来るのは2度目なんです。
以前は他の花が目的でついでに訪れたのです。
少し早いが多少はは咲いているだろう・・・と。
いやいや全くダメ・・・丁度植えつけをしている最中だったのです。
今回はそのリベンジを果たした格好です。
凄い人でした。300種100万本?
チューリップ畑の雰囲気はワンパターンですけれど
まあ、これだけのボリュームなら言うことはありません。
色々な変わり種のチューリップが見られたのも良かったです。

aDSCF3203.jpg

与謝野町の雲岩公園のツツジも見に寄りました。
たんとうチューリップ畑からは約11km2
5分ほどでした。
雲岩公園は山裾にあり山一帯が5000本のミツバツツジで覆われていました。
展望台からの のどかな見晴らしがよかったですね。

aDSCF2952.jpg

雲岩公園から宮津市の獅子崎稲荷神社のツツジを見に周りました。
雲岩公園からは19kmほど、時間にして30分ほどでした。
宮津湾を見下ろすように咲くミツバツツジの群生は雰囲気がありますね。
山肌を駆け上がるように朱色の鳥居が並びその周辺をミツバツツジが覆う。
規模は小さいながらもシチュエーションは抜群です。

aDSCF3719.jpg


posted by 花見あんぽん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2016年04月08日

花見シーズン真っ盛り

aDSCF1378.jpg

ご無沙汰しています。
皆様お元気ですか?
いよいよ花見のシーズンですね。
花見に行っておられますか?

私は仕事の都合で年初から全く花見に行っていません。
水仙や椿、菜の花などあちこちと見に行きたかったのですが・・・。
aDSCF1987.jpg

4月に入って少し休みが取れるようになり、
今までのうっぷんを吐き出すように桜を見に行ってきました。
花見と言えばだれもが桜ですよね。
桜は日本の心です。
京都、奈良へと・・・。
そして昨日は姫路城へ行きました。
雨にもかかわらず凄い人でした。
天気が悪いので少し迷ったのですが家族が何として
行きたいというので出かけましたが
行って大正解!
晴天ならもっとよかったのでしょうが
雨にけぶる姫路城と桜の競演も最高でした。

aDSCF2063.jpg
タグ:さくら
posted by 花見あんぽん at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2015年04月21日

三重県飯高町の波瀬植物園のミズバショウ

aDSCF3027.jpg

波瀬植物園へミズバショウたちに会いに行きました。

関西ではなかなかミズバショウに出会えるところがありません。
波瀬植物園は関西でも数少ないミズバショウ園です。
ユニークな花型と清潔なイメージのミズバショウ、
そんなミズバショウに対面しに行くと思うと、ワクワクします。
朝は少し興奮しているせいか4時過ぎに目が覚めてしまいました。

奈良県と三重県の県境近く、三重県松阪し飯高町にミズバショウが咲く。
近畿のマッタ−ホルンといわれる高見山が県境で青空を突いています。
私には10数年前に登ったことのある思い出の山です。

高見山の近くを通る国道166号線を走り高見山トンネルを抜けると三重県です。
さらに2〜3kmほど走ると右手に波瀬植物園が見えてきました。

aDSCF3041.jpg

山の中の質素な植物園。
いろいろな動物に似た石を集めて置いています。
植物園というよりはちょっと変わった庭園ですねえ。
こんな植物園も個性があってよいのではと・・・
少し親しみが湧いてくるのが不思議です。

少し進むとミズバショウが見えてきました。
うわー、すごい。
これだけの群生したミズバショウを見るのは久しぶりです。
そう広くはないのですがこの集中して咲いている様は見事なものです。

ミズバショウ君たち、会えて本当に嬉しい!!
咲いていてくれて、ありがとう。

DSCF2997.jpg
posted by 花見あんぽん at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2015年04月18日

高見の郷の一目千本しだれ桜

awDSCF2822.jpg

高見の郷の一目千本しだれ桜は天空の桜の園です。

私には天空の桜の園というよりは天女の郷のようにさえ感じます。
ピンクに輝くしだれ桜の側から輝くような美しい天女が顔を見せてくれるのでは・・・?
まさに高見の郷は枝垂桜で埋め尽くされた不思議世界です。

奈良県と三重県の県境に位置する高見山、その麓の東吉野村、
なぜこんな山奥に素晴らしい枝垂桜の世界が現れたのか?

高見の郷の一目千本しだれ桜

係りの方に伺うと、阪神大震災で多くの木が倒れたので
植林をしようと思っていたら
桜を植えてはどうかとの案が出て、
枝垂桜を植えることになったそうです。

13年ぐらい前から桜を育て数年前から公開、
山道で急斜面の為、登山のシャトルバスを運行したのは昨年からだ、とのことです。

料金は入園料、バス代込みで1000円、最初は高いなあ、と感じましたが、
後から十分納得のいく金額です。

恐ろしいほどの急斜面を上り下りするバスと
不思議な枝垂桜の世界を見させていただき、
幸せな気分を味わうことが出来ました。

尚、高見の郷の枝垂桜は18日(土)、19日(日)が
最高の見ごろですので是非お出かけください。
この日(16日)は7分咲きでしたから・・・。
花のピークを過ぎると花が黒ずんでくるそうです。

高見の郷の一目千本しだれ桜
posted by 花見あんぽん at 09:29| Comment(0) | 春の花

2014年05月21日

ガレリアかめおかバラ庭園


aDSC09677.jpg
ガレリア亀岡は亀岡市の中心部を走る国道9号線の道の駅です。

最近は好天気が続き、夏日も記録するほどに暑い日もあります。
花々は例年より早く見ごろを迎えています。

例年ならばこれからがバラの本番でしょう。
今年はあちこちからバラが満開という情報が届いています。
行きたいところは山ほどありますが今回は京都府の北部を見て回ることにしました。

先ず向かったのは亀岡市にあるガレリア亀岡のバラ庭園です。
自宅を8時に出てガレリア亀岡に着いたのは9時頃です。
バラはガレリア亀岡の西側に咲いていました。
道の駅に車を停めたものですから少し判りにくく、
お店で聞いてやっと判りました。
出来れば案内板でも立てておいて欲しいものです。
私のようにバラの花が目的で遠くから訪れる人もいるのですから。
ちなみにバラ園の横にも駐車場がありました。

aDSC09676.jpg

建物を回り込むようにしてバラ庭園にたどり着きました。
道の駅から進むとまずバラのアーチが続きます。
アーチをくぐって進むのですが残念ながらアーチのバラは時期がやや早いようでした。
アーチの左側は芝生の広場があります。
その向こうにはガレリア特有のガラス壁の建物が
輝いてそそり立っています。
建物に対比するように芝生広場を挟んでバラ園は¬型に造られています。。
国道側は主にツルバラのアーチが、
西側には低木のバラが主に植えられています。

ツルバラを除いてはほとんどが満開、丁度見頃でした。


aDSC09649.jpg

次に向かったのは美山町の自然文化村のバラ園です。
亀岡市からは車で丁度1時間、青空の下、
新緑の溢れる田舎道を快適にドライブ、
美山町自然文化村には11時の到着でした。

美山町と云えば茅葺の里が有名で多くの人で賑わっていました。
美山町茅葺の里は何度か訪れていますので今回はバラの花のみが目的です。
ところが、残念、バラ園は昨年で廃園になったとのことです。
前もってTELなどで確認しなかった私のミスです。

aDSC09729.jpg

美山町自然文化村にあるカジカーノというピザやさんで焼き立てピザを食べました。
土日のみの営業という山奥のピザ屋さんです。
私はシカ肉のピザを注文しました。
とても旨かったですよ。

入ったときは私たちを含めて2組のみの客入りでしたが
いつの間にか店の中は客で溢れていました。
結構人気があるようです。
テレビなどで紹介されたことでもあるのでしょうか?
re
posted by 花見あんぽん at 16:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 春の花

2014年04月12日

河川公園の側で咲く西洋カラシナ

a20140411_093440.jpg

桜は咲いたと思えばもう散ってしまう。
花の命は短くて・・・、
何かはかない命を感じてしまう今日この頃ですね。

でも花は桜だけではありません。
次々と色々な花々が咲く良い季節になってきました。

菜の花もその中の一つです。
写真は仕事先でスマホで撮ったものです。

菜の花の一種西洋カラシナですが、
今や雑草として全国の河川などで繁殖しています。
やや地味な花ですが密集していると結構見ごたえがあります。

上の写真は河川公園の大塚地区で枚方大橋をバックに咲くカラシナです。
下の写真はダイハツ工業京都工場裏の河川公園大山崎地区から撮ったものです。

a20140409_144334.jpg
posted by 花見あんぽん at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2014年04月04日

交野いきいきランドの桜

aDSC08969.jpg

最近仕事が忙しい為休みが思うように取れません。
無理に休みを願い出ると仕事を干される恐れもある。
花見に行きたいとの思いは
他人から見れば贅沢だ、と言われるでしょう、が、
私にとっては寂しくてしかたがありません。
今日は会社から与えられた久々の休みです。
今にも降り出しそうな天気でしたが近くの公園などを歩きました。
交野いきいきランドの周辺には桜が500本くらいあります。
風が強く桜の花吹雪が美しいのですが、
もう桜が終わるのかと思うと
何かさびしいですね。
来年までまた1年間・・・と思うとなおさらです。
桜のシーズンはずっと仕事が無ければよいのに・・
な〜んて、思ってしまいます。
私って元来遊び好きなんかも知れませんね。
posted by 花見あんぽん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2014年01月23日

淡路島、立川水仙峡、黒岩水仙郷、

aDSC08047.jpg

日本水仙は今が絶好の見ごろとなっている。

1月22日淡路島まで車で水仙を見に行きました。

家を出る時は曇り空、天気予報では夕方から
太平洋側でも雪が降る所がある、とのこと。

しかし、立川水仙郷に着いた時は雨は小止み状態。
水仙は丁度見ごろ、私たちはゆっくりと
水仙の香りに包まれて園内を散策しました。

aDSC08110.jpg



続いて雨の中を海岸沿いに車を走らせ黒岩水仙郷へ・・・。

黒岩水仙郷に着いた時は何と厚い雨雲はいつしか途切れ、
次第に晴れ間も見えてきました。

水仙は今が盛りと見事に咲き誇っています。
白く可愛い水仙も海を背にこんなにも群生すると感動ものです。


aDSC08268.jpg


黒岩水仙郷へは今回で3回目ですが、
過去2回は2月の中頃の訪問でした。

今回は若干時期が早いかな?と思っていましたが、
そんなことは無い、グッドタイミングでした。

今回が最も素晴らしい最高の水仙の景色です。

やはり花は時期と天候とバックの景色で感動の度合いが違いますね。

今年初めての花見は 最高の幸せをいただきました。

aDSC08309.jpg
posted by 花見あんぽん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2013年05月13日

びわ湖バレイの水仙

aDSC00091.jpg

私がびわ湖バレイへ訪れたのは30数年ぶりです。

びわ湖バレイは年間通してアウトドア派の人たちにとってはたまらない楽園です。

特に冬季のびわ湖バレイは関西から多くの人が訪れるスキー場として有名です。

5年ほど前に完成したという121人乗りの大きなゴンドラが
いっきに山上まで私たちを運んでくれます。

ゴンドラを降りて外へ出てみると頂上のほうにジュータンをしいたように
スキー場の一角が黄色くなっているのが見えます。

 
aDSC00120.jpg

ウーン?想像していたよりは少ない・・・?
もっと山一面が水仙の花で覆われているのかな・・・
って思っていましたからね。

でも、水仙30万球と云えばこれ位のものでしょう。

近づくにつれ次第に視野に大きく入り込んでくる水仙の群生。
徐々に感動が湧いてくるようです。

いつしか目の前一面が水仙、水仙また水仙。
上を見上げれば圧倒させられる美しさです。

aDSC00179.jpg

空は青く、眼下には琵琶湖が・・・。
まさに天空の花園です。


タグ:水仙
posted by 花見あんぽん at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2013年05月12日

飯盛霊園のツツジ

aDSC00013.jpg

昨日、仕事で久しぶりに飯盛霊園に入りました。

なんと入口からツツジがきれいに咲いているではないですか。

よく見るとやや時期が過ぎてすでに花が散ってしまった木も多いです。

それでも飯盛霊園のツツジの量は半端ではありません。

ツツジとサツキを合わせて3万株くらいはあるでしょう。

まだ、サツキなどはこれからです。

aDSC09986.jpg
仕事が終わってから園内を回りました。

小雨にけぶる中、ツツジがしっとりと濡れて美しいです。

ツツジを見に訪れている人もほとんどいません。

やはり墓地ということで人気が無いようです。

量ではどこにも負けません。

手入れも大変行き届いています。

aDSC09995.jpg

今日は半月ぶりくらいの完全休みをもらいました。

これから娘と二人でびわ湖バレイへ行きます。

びわ湖バレイは今、ラッパ水仙が満開です。

素晴らしい眺めと天上の花園はさぞかし美しいでしょう。

楽しみです。
posted by 花見あんぽん at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花

2013年04月06日

郡山城の桜

blogDSC09565a.jpg

仕事が午前中で終わった。
穏やかな春の日差しがまぶしいくらいに晴れ渡っている。
明日からの土日は天気が荒れるとの予想が出ている。
関西の桜も今日が最後の見ごろとなるかもしれない。

家内を誘って桜を観に行くことにした。
選んだのは大和郡山市の郡山城跡。
郡山城の桜は私のお気に入りの桜の名所だ。

かって奈良に住んでいたことがあり、
何度も訪れ、なじみの深い場所だ。

blogDSC09640a.jpg

郡山城は多くの花見客で賑わっていた。
勿論、桜は満開。風に吹かれて花吹雪が美しい。

ウーン、もったいない。
明日は強風が吹くというから、
これでほとんど散ってしまうのは本当にもったいない。

花の命は短い。桜は特に短い・・・。
だからこそ一層 美しいのかも知れませんね。

blogDSC09653a.jpg
posted by 花見あんぽん at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の花