2012年06月22日

ゆりの里公園のユリ

sbDSC03019.jpg

坂井市のゆりの里公園で行われている「ゆりフェスタ」へ行って来た。
坂井市はユリを市花に指定して力をいれているようです。
ゆりの里公園の15万輪といわれるユリの花は実に圧巻。

その密集された植え方は凄いというしかない。
ユリの植えられている広さは5,000uくらいはあるだろうか?

しかし、もう少しゆとりをもって植えてもよいのではと思う。
そうすれば同じ株数でも、もっと広く植えられ、
シチュエーションも色々と増やせられるのでは・・・。

sbDSC03063.jpg

密集した所もあってよいが、少し間隔をと取った所もよい。
勿論いろんな色を混ぜた所などもよい。
木々の間に植えるのも、他の花とコラボレーションもよいだろう。

花見ファンとしてはいろんな場面を見たいのだ。
全てが同じ植え方では少し芸が無い。

関西の各ユリ園では普通7月から8月に咲くユリが
ゆりの里公園では6月に咲いています。

ゆりフェスタは6月末まで開かれているので福井の方に行く機会があれば是非寄ってほしいものです。

ちなみに私は福井県出身なので福井のこういった催しは益々発展して欲しいと願っています。
これからはいかにお金をかけずに頭を使って企画を練るかが必要ですね。

sbDSC03091.jpg
posted by 花見あんぽん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2011年09月04日

串本・橋杭岩のハイビスカス

aDSC04413.jpg aDSC04412.jpg
南紀白浜から太地町のくじら館へ孫達と遊びに行った。
aDSC04366.jpg
その日は8月29日、台風12号が接近中で波が荒いが
澄んだ青空と海岸沿いの景色が美しい快適なドライブだった。
途中、串本の橋杭岩を見ようと橋杭岩の駐車場へ車を停めた。、
すると、なんと赤く輝くハイビスカスの出迎えを受けたのだ。
橋杭岩の奇岩と岩にぶつかる白い波しぶき、
何処までも青い空そして、緑葉の上に咲く真っ赤なハイビスカス。
美しい光景にしばし我を忘れるような一瞬だった。
が、はしゃぐ孫達に誘われ
潮の引いている海岸へ降り岩の海岸の散策を楽しんだ。
串本町の有志が潮岬や大島、橋杭岩前駐車場などに合わせて
300本あまり植えたとのことであるが、残念ながら他の場所へは観に行けず
太地町へと車を走らせた。aDSC04365.jpg
それでも駐車場から橋杭岩の近くまで約200mにわたり
素敵な花見をさせてもらった。感謝です。
ハイビスカスは本土最南端の町、串本によく似合います。
串本の皆さんもっともっと植えてください。
ハイビスカスの町、串本を応援します。
posted by 花見あんぽん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2011年07月26日

びわこ箱館山ゆり園

DSC03785a.jpg
念願のびわこ箱館山ゆり園へやっと行くことが出来た。
びわこ箱館山のゆりは、今が見頃である。
琵琶湖を見下ろす天空の花園は素晴らしい。
色とりどりのユリが山一面を被う景色はは天空の花園というよりは
まさに花の天国であるように感じた。
道の駅等でもらった割引券で1,800円の入園料が1,000円。
DSC04074a.jpg
愛犬も500円の入園料を払って堂々の入園だ。
何処の花園もワンちゃんお断りの所が多い。
中には許可している所もあるが抱いて園内を回るなどの規制があるのが普通だ。
しかし、ワンちゃんの入園料を取られるのは始めての経験だ。
まあその方がワンちゃんの心配をしなくてよいので嬉しい。
DSC04100a.jpg
箱館山はスキー場である。ゆり園は夏場のスキー場に客を集めるのに大成功だあろう。
その日も平日にもかかわらず多くの観光バスやマイカーの客が多かった。
これからもスキー場の夏場利用としていろんな花園が増えるだろうと思う。
しかし、いかに客を惹き付けるのかが重要な課題だろう。
大阪からは少し遠いが機会があれば行かれることをお勧めする。
DSC04111a.jpg
posted by 花見あんぽん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年08月07日

舎那院の芙蓉

DSCF3682aa.jpg
8月4日、休みを利用して小浜へ墓掃除に行った。
その帰り道、長浜へまわり舎那院へ向かう。
お目当ては勿論「芙蓉の花」。
300本以上という芙蓉の咲き乱れた様を一目見たくて・・・。
着いた時間はもう3時をすぎている。
芙蓉の花は一日花、やはりこの時間では・・・。
それよりも何と花の少ないことか?
時期が早すぎたのだ。ウーン残念だ。
DSCF3653aa.jpg
住所  滋賀県長浜市宮前町13-45
株数  300本
花期  7月上旬〜9月上旬
時間  自由
料金  無料
駐車場 無し、短時間なら長浜神社を利用可、
アクセス JR「長浜駅」から徒歩10分
その他 平安時代に空海が開基し、後に秀吉が再興。
 六瓢箪めぐりで知られる寺。




posted by 花見あんぽん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年07月26日

元興寺のキキョウ

20日奈良へ赴いた時、元興寺へも足を延ばした。
唐招提寺のハスも見に行きたかったのだが
唐招提寺は入場料が600円と大変高い。
しかもハスの鉢が50鉢しかないので評価が低い。
等々の理由でカットすることにした。
花見ファンはあくまで花を中心に見る。
花があって、そのバックに建物があり仏像が有るのだ。
勿論、仏像などの重要文化財を見るというのも良いのではあるが、
目的が花なので花を見るのに高い拝観料はどうしても納得が出来ない。

この日訪問した元興寺は過去に何度か訪問している。
なぜ同じ寺を何度も訪問するのか?
仏像や建造物を見るのならばまだ行った事のない寺へ行くだろう。

花見ファンは花を見るためには同じ所へ何度でも行く。
花は行くたびに姿を変える。いろんな花も咲く。
元興寺は有名な萩の名所でもあるのだ。

DSCF3536aa.jpg  DSCF3500aa.jpg

約千本のキキョウはまさに見頃、美しく咲いていてくれた。
ただ、石仏との競演はどうなのか?
天得院や廬山寺とは全く趣の違う花に見える。
見る人それぞれに意見が分かれるだろうが、
そこは、素直にありのままのかたちを受け入れ楽しみたいものだ。

住所   奈良市中院町11
本数   約1,000本
期間   6月下旬〜8月上旬
休日   無休
時間   9:00〜17:00
料金   大人・大学生400円中・高生300円小学生100円
駐車場  12台無料
アクセス 近鉄奈良駅から南へ徒歩15分、JR「奈良駅」より徒歩25分
HP  http://www.gangoji.or.jp/index.html


posted by 花見あんぽん at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年07月24日

喜光寺のハス

7月20日、所要の為奈良へ行った。
雨模様の曇り空ではあったが時間的に余裕があり
どこかで花でも見たいと思いたった。
自分のHPを開いてまだ行っていない喜光寺へ行こうと・・・。

かって奈良で住んでいたのでこのあたりには詳しい。
直ぐにわかる場所である。阪奈道路の終着点に近い
処に位置する。

この日は竣工式か何かで行事が行われていた。
その為10台ほどの小さい駐車場は使えないので
近くにある菅原神社の前の空き地に停めた。
迷惑をかけてはと30分ほどで退散した為
のんびりと見ることは出来なかったが
それでも重要文化財の本堂などと美しいハスの花
とのコントラストは充分に楽しめた。
DSCF3350aa.jpg

DSCF3436aa.jpg

住所   奈良市菅原町508
鉢数   200鉢、100種類
期間   6月下旬〜7月下旬
時間   9:00〜16:30
料金   300円 小中学生200円
駐車場  10台無料
アクセス 近鉄奈良線「西大寺駅」から南南西へ徒歩15分
HP   http://www.kikouji.com/
posted by 花見あんぽん at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年07月15日

天得院のキキョウ

同じキキョウでも咲く場所により全く印象が違う。
廬山寺の明るいキキョウに比べると
天得院は非常に落ち着いたキキョウである。
天得院に庭園は一面杉苔が生えている。
その立派な杉苔に上に咲くキキョウは
仏界のようにさえ見えるのは不思議である。
tentokuin37aa.jpg

tentokuin45aa.jpg



住所  京都市東山区本町15丁目東福寺山内
本数  約1,200本
期間  6月中旬〜7月中旬期間限定の公開
時間  9:00〜20:30夜はライトアップあり
拝観料 大人300円小中学生200円
駐車場 無料(東福寺共有)
アクセス 京阪「鳥羽街道」より徒歩7分、
     又は「東福寺」(京阪又はJR)より徒歩10分
問合せ 天得院 075-561-5239
HP  http://www.tentokuin.jp/tera/index.html
posted by 花見あんぽん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年07月10日

廬山寺の桔梗

廬山寺の桔梗は今が見頃となっている。
かって紫式部の邸宅があり「源氏物語」を執筆したことから
桔梗の咲いているこの庭は「源氏の庭」と称されている
白い砂利が一面に敷き詰められた枯山水庭園です。
白い砂利の海、苔の生えた島のコントラストに
淡い紫の桔梗が本当によくマッチします。
rozanzi18.jpg

rozanzi47.jpg

rozanzi56.jpg

住所 京都市上京区寺町通広小路上る北之辺町397
本数 約1,000本
時期 6月中旬〜7月中旬
時間 9:00〜16:00
入山料 400円(木版本源氏物語絵巻展開催期間中は500円)
駐車場 約10台無料(近くに御所の東駐車場あり3時間迄500円)
アクセス 京阪 出町柳・丸太町から徒歩約15分
HP http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/
posted by 花見あんぽん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年07月08日

びわこ箱館山ゆり園

びわこ箱館山ゆり園は今年オープンの新しい花の名所です。
滋賀県高島町の箱館山スキー場に約200万輪が花開きます。
8人乗りのロープウェイで山上へ登ると、
そこはびわ湖の雄大な風景が広がり
色とりどりのユリの花を楽しむまさに空中の花園です。

50種類30万球(約200万輪)
2009年の予定7月11日(土)〜8月23日(日)
9:00〜17:00
期間中無休
大人1800円小人900円(ロープウエイ料金を含む)
湖西道路「比良ランプ」から約31km
JR湖西線「近江今津駅」からバスで約20分
連絡用ロープウェイを利用して入園
箱館山ゆり園http://www.hakodateyama.com/index.html

写真は一昨年に訪れた信州白樺湖のゆり園ですが
山の上からの眺めとユリの美しさ・・・
最高の空中の花楽園でした。

イメージとしてはよく似た感じでしょう。
是非訪れたいと思っています。

IMG_3363aa.jpg

IMG_3368aa.jpg

posted by 花見あんぽん at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年07月04日

長居植物園のハス

長居植物園の蓮(ハス)を見に行きました。
先日アジサイを見に行った時はまだあまり
ハスの花は開いていませんでした。
昨日(3日)時間を調整して再度訪問、
ドンピシャの見頃になっていました。
今月いっぱいは見られるでしょう。
ハスの花は早朝から開いて夜には閉じてしまいます。
早いものは昼過ぎには閉じてしまいます。
見に行かれるのなら朝早いほうが良いでしょう。
と言っても平日は開園が9時半です。
土・日曜日・祝日は早朝7時半の開園です。
顔ぐらいの大きさのハスが大池いっぱいに咲く様子は
感動ものです。

長居植物園http://www.nagai-park.jp/n-syoku/index.html
DSCF3115aa.jpg

DSCF3096aa.jpg
posted by 花見あんぽん at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花

2009年07月01日

三室戸寺のハス

新しいブログを作成しました。
HP「花の名所一覧表」
http://hananomeisyo.sakura.ne.jp/index.htm
の姉妹サイトとして
旬の情報、訪問した情報をいち早くお届けします。

今日は三室戸寺へ蓮の花を見に行きました。
京都の宇治市にあります。
関西の人には良く知られた花の寺ですね。
見頃は7月10日過ぎ位になるでしょうね。

DSCF2951a.jpg
posted by 花見あんぽん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の花