2019年06月29日

山田池公園のアジサイとスイレン

G20 大阪サミットと同時にやっと梅雨がやって来ました。
私が最も興味を持つのは平和と環境問題です。
百年後千年後を見据えた政治を世界のリーダーにしてほしいものです。

梅雨と言えばアジサイですね
ウォーキングの時、あちこちに花が植えられているのを見ます。
いろんな花があって楽しいものですが。
中でもアジサイが目立っています。

山田池公園のアジサイ

また、山田池公園へいってきました。
緑が多くて家族連れなどの憩いの場になっています。

山田池公園のアジサイ

山田池公園のアジサイ園は規模的には小さいですが側にスイレンの池があって落ち着いた雰囲気がとても好きです。
刀剣乱舞のコスプレの若者をここでも3グループ見かけました。
この趣味は凄く高くつくようです。
私達の若い時はそんな高価な趣味はとても無理でしたから、
今の人たちは幸せですよね。

山田池公園のアジサイ

スイレンはスカッとするような花で見ていて気持ちがいいものです。
規模的に大きなスイレンの群生って関西ではあまりないですね。
山田池のスイレンも小規模ですが雰囲気はいいですよ。
posted by 花見あんぽん at 19:12| Comment(0) | 初夏の花

2019年06月13日

花菖蒲が見ごろです。山田池公園へ行きました

今、花菖蒲が真っ盛りですね。
アジサイも咲いてきました。

山田池公園の花菖蒲

間もなく梅雨に入ってきます。
うっとしい梅雨もそれらの花を観られると思うと少し気分もワクワクして来そうです。
そんな暇があるのか?そんな余裕があるのか?と云われるとナイナイですが・・・。

山田池公園の花菖蒲を観てきました。
私の所からは比較的近いので少しの隙間時間を利用して良く出かけます。

山田池公園の花菖蒲

京阪間は仕事のエリアなのでいわば庭のような感じです。
でも一つ問題が・・・。
今、高齢者の事故が多く、大きな問題になっています。
私の場合、昨年の高齢者講習では講師の方もビックリするくらい反応が良く、
ある検査では18歳くらいだと云われました。

仕事で体を動かしている事、サプリを多少飲んでいる事以外は特になにもやっていないのですが・・・。
花を観に行くという楽しみが多少なりとも健康を支え、若さを維持するのに役立っているかも知れません。
花を観に行きたい。次はどこへどうして行こうかと思うとそれだけで心がウキウキしてきます。

免許書を返納すると車もバイクも乗れなくなり、趣味のドライブも、花見も、日帰り温泉も当然難しくなります。
私を含めて高齢者は皆、運転には自信があると云います。
次の更新はどうしようか大変悩むところです。

山田池公園の花菖蒲

脱線話になってしまい申し訳ありません。
勿論山田池公園の花菖蒲、140種10,000本、は見事な美しさでした。
6月25日(火)までとなっています。
機会があれば是非ご覧ください。
posted by 花見あんぽん at 23:03| Comment(0) | 初夏の花

2019年05月10日

奈良県へ花めぐりドライブ

ゴールデンウィーク期間、いかがお過ごしでしたか?
花は見に行かれましたか?

私も家族も多忙で・・・やっと昨日花めぐりをしました。
しかし、ボタン、ツツジ、シャクナゲ・・・花はほとんど終わりです。
最後に訪問した弁財天のシャクナゲだけはホームランでした。
以下今回も箇条書きにさせてもらいます。

船宿寺.jpg
船宿寺(御所市) 9:11〜10:20
ツツジ終わり、シャクナゲ終わり、オオデマリ満開。
今この地域ではオオデマリ(大手毬)の里として頑張っているそうです。
奥に咲いている白い花がオオデマリです。

岡寺.jpg
岡寺(明日香村) 10:52〜11:49
ツツジ、ボタン、シャクナゲ 終わり
1人のカメラマンと話をしました。
彼は奈良の神社、仏閣など、写真を撮りに周っているそうです。
長谷寺へは230回程訪問しているとか、回数もすべて記録しているそうです。
凄い人がいるもんです。

長谷寺のボタン.jpg
長谷寺(桜井市)12:19〜13:50
シャクナゲ終わり、ツツジ終わり、ボタン、地植えはほぼ終わりですが鉢植えの牡丹を配置しての対応。
開花時期を調整して鉢植の牡丹を準備するなんて流石は関西一の牡丹寺です。

室生寺のシャクナゲ.jpg
室生寺(宇陀市) 14:30〜15:46
シャクナゲの寺として有名ですがまだ少し花が残っていました。
岡寺で家内が少し話をした女性と「またお会いしましたね」と再会。
岡寺、長谷寺、そして室生寺と3回会ったそうです。
ご夫婦で周っておられるとか。
こんな出会いが嬉しいですね。

弁財天石楠花の丘.jpg
弁財天石楠花の丘(宇陀市) 16:08〜17:12
シャクナゲは大ホームランです。
1万株のシャクナゲが山の斜面に咲き誇っています。
今が最盛期だという事ですが、この時の訪問者は私たち家族だけ。
平日の夕刻だったという事もあるでしょうが、それにしても寂しすぎます。
室生寺からはたったの11km、車で20分程です。
明日明後日の土日くらいまでは見頃です。
近くまで行かれたら是非、見に行ってやってください。
階段はきついですが、ゆっくり登れば大丈夫、
足に弱点を持つ私は途中から横に抜けて緩やかな道を登りました。
そこもシャクナゲが群生しています。

お亀の湯(曽爾村) 17:39〜19:33 
弁財天からは10kmです。
曽爾高原の入口にある素晴らしい温泉です。
関西の日帰り温泉では常にトップクラスの人気を誇ります。
ヌルヌルのお湯と自然の中の露天風呂は最高です。
露天風呂に鳥が遊びに来て湯の中の岩にとまりお湯を飲んでいました。
お腹が黄色のキセキレイです。人がお湯に浸かっていても平気なようでした。
こんな出会いも最高です。

走行距離 232km
総時間  14時間10分
撮影枚数 1107枚
posted by 花見あんぽん at 16:22| Comment(0) | 初夏の花

2019年04月25日

花三昧のドライブにしたかったのですが・・・

花三昧のドライブに出かけました。
文章が長くなりますので今回は箇条書きにします。
行く前に計画を立て時間と距離を記録しながら走ります。
私と家内と娘それと愛犬(ポメ)のドライブです。

自宅を出たのは22日の23:58です。
湖西道路から8号線経由で大野市に向かいました。

勝原花桃の里 (2).jpg

@大野市・勝原花桃の里 23日4:10〜6:20
勝原駅の周辺は今、最も熱い人気スポットです。
花桃は満開、早朝で正解でした。昼間は凄い人だそうです。

勝原花桃の里 (1).jpg

A大野市・飯降地区 6:30
鍬掛地区、深井地区、下丁地区、牛ヶ原地区等の芝桜を回りました。〜8:42
畔という畔はほとんど芝桜です。広さだけで見たならおそらく日本一です。
全国花のまちづくり優秀賞にも選ばれています。

大野芝桜の里 (2).jpg

大野芝桜の里 (1).jpg

B小松市。布橋の水芭蕉自生地 9:11〜9:31
残念ながら残り花が少し咲いているだけでした。

C小松市・ロードパーク中海の里 9:45〜10:00
芝桜は満開で美しいのですが規模が小さいです。

D小松市・正蓮寺町カタクリ群生地 10:15〜10:27
すでに終わっていました。残念。

E白山市・川内町福岡カタクリ自生地 通過
人に尋ねても知らないとの事。見つけてもたぶん終わっているだろうと通過しました。

F白山市・林業試験場樹木公園 11:14〜12:02
ポツンポツンと数輪だけ見つけましたが・・・

G白山市・獅子吼高原ゴンドラ乗り場 12:06〜12:50
ゴンドラは本日休業。
山上のカタクリの見頃は4月下旬から5月上旬とあったので、
一寸期待したのですが、最近足が弱っているので山登りは断念。

H金沢市・平栗いこいの森 13:25〜13:44
カタクリの群生地が2ヶ所、案内板に書いていましたが、
残念、見つけられません。終わっていました。

東原ミズバショウ自生地.jpg

I金沢市・東原ミズバショウ自生地 14:35〜14:56
かろうじてまだ花が少し残っていましたが、時期遅し、葉が成長しすぎていました。

カタクリは時期遅れの訪問は承知の上でしたが、
北陸ならどこかで少しは見られると思っていました。甘かったです。
ミズバショウも1週間くらい早く来れたらもっと見られたでしょう。

当初は車中泊の予定でしたが2日間殆んど寝ていないのでビジネスホテルで泊まりました。
若い時は車中泊は当たり前でしたが、寄る歳には勝てません。

砺波のチューリップ (1).jpg

24日、昨日すべて予定を済ませたのでこの日は家族の希望もあり
砺波のチューリップフェアを見に行来ました。
過去に2度来ていますが何度来ても凄い凄いです。
さすがは日本一のチューリップ生産地です。

砺波のチューリップ (2).jpg

最後のおまけに砺波市新屋敷地区、林地区の芝桜を見ました。
雪化粧の立山をバックに入れて芝桜、菜の花を撮りたかったのですが
良いポジションが見つかりませんでした。

砺波新屋敷の芝桜.jpg

帰途、北陸道の「徳光PA」の駐車場に車を停め、駐車場のすぐ横にある温泉に浸かって帰りました。
北陸へ来るとよくこの日帰り温泉を利用します。
便利なので北陸へドライブされたら是非ご利用ください。

今回の花見ドライブを採点するなら55点くらいでしょうか。
少し残念な思いです。
posted by 花見あんぽん at 20:52| Comment(0) | 春の花

2019年04月17日

舞洲シーサイドパークのネモフィラ祭り

JR桜島駅からバスに乗りネモフィラを見に行きました。
大変な人です。
空青く筋雲が数本・・・大阪湾を大小の船が行き交い、遠くに六甲山を望む
見晴しの良い海岸の一角にネモフィラが一面青く輝いていました。

舞洲のネモフィラ (4).jpg

お腹が空ききっていたのでまずは腹ごしらえと、白いテントの下へ・・・。
残念ながらメニューは乏しくハンバーガーや蕎麦の他ファーストフード的なものばかり。
ご飯ものは全くありません。
蕎麦を注文しましたがそれも冷たいものしか有りません。

海岸なので結構風が強く少し寒かったので暖かいものが欲しかったのですが・・・。
自販機のお茶やコーヒーもホットは有りません。

しまったこれなら食べて来るんだった。と後悔しても後の祭りです。
弁当を広げて食べる人も誰もいませんから、行かれる人は現地で食べようと思わない方がよいです。

舞洲のネモフィラ (2).jpg

ネモフィラの花は期待を裏切りませんでした。
地上のネモフィラの花、空、海、すべてが青の世界です。
神秘的な世界です。

舞洲のネモフィラ (3).jpg

桜も咲いていました。ネモフィラの周囲を囲むように、まだ幼い木ですが結構本数は有ります。
全くの部外者ですが菜の花の黄色が青の世界の中で目立っていました。
セイヨウカラシナです。雑草扱いです。柵の外に咲いています。

舞洲のネモフィラ (1).jpg

話は少し飛びますが
茨城県にある国営ひたち海浜公園のネモフィラの景色は
米国CNNの「日本の最も美しい場所31選」の一つに選ばれています。
そこからネモフィラの人気が一気に上昇しました。

舞洲シーサイドパークは関西にやっとできた本格的なネモフィラの名所です。
しかも都心の海岸と云う絶好の立地です。
ネモフィラは約100万株です。入園料は900円です。
5月6日までの23日間、約100万人が訪れます。
時間があれば是非お出かけください。
posted by 花見あんぽん at 15:34| Comment(0) | 春の花

2019年04月12日

鶴見緑地公園(花博記念公園)のネモフィラを訪ねて

ネモフィラが大地一面に咲く絶景の写真を見る事があります。
関西ではネモフィラの名所と言える所はここ1〜2年・・・。
やっと、やっと・・・という状態、関東に比べるとかなり遅れています。

鶴見緑地の桜

鶴見緑地公園(花博記念公園)にネモフィラが植えられている・・是非とも見たい。
そんな思いに駆られ鶴見緑地へ出かけました。
地下鉄鶴見緑地駅で降り、コンビニで弁当を買って公園内へ。
オー・・・まだ桜が咲いているではありませんか?
しかも結構満開です。

早速 桜の下で弁当を広げまずは腹ごしらえ。
弁当を食べている間にも桜の花吹雪が凄い。
花吹雪は綺麗だが、強い風で桜が散って無くなってしまいます。

鶴見緑地の桜

池の向こうにも沢山の桜が見えています。
焦る気持ちで立ち上がり少しでも散らないうちにと歩きました。
いやいや嬉しい誤算です。
桜はここ数日の強い風でかなり散っていると思いこんで
正直あまり期待していませんでした。

ん?テレビの画面から飛び出してきたような人がいました。
今、人気の「刀剣乱舞」の衣装を着た人たちです。
結構 桜の風景とマッチしているのには苦笑してしまいます。
鶴見緑地公園はコスプレイヤーの聖地でもあるそうです。

鶴見緑地のネモフィラ

風車の丘へやってきました。
丘の上をネモフィラが青く染め上げています。
太陽をいっぱい浴びて怪しいばかりに輝いています。

鶴見緑地のネモフィラ

黄色いチューリップも間間に大きな花を咲かせ
ネモフィラとはなかなかのコンビネーションです。
期待以上の美しさです。

鶴見緑地のネモフィラ

青い空、白い風車、黄色いチューリップ、そして青いネモフィラ・・・。
そこには絵画の世界が広がっていました。
posted by 花見あんぽん at 11:58| Comment(0) | 春の花